浮気調査 依頼内容例

ご成約事例

事例1

夫は浮気をしていると思います。でも、確信が持てません

ご成約事例

事例2

結婚して1年、突然、夫から離婚を言われました。 夫に他の女性の存在を問い詰めても、絶対に認めないのですが、どうしても真実を知りたいです。

ご成約事例

事例3

夫の財布から、ラブホテルのポイントカードが出てきました。 夫は外泊することはないし、土日も家族と一緒に過ごしている。ひょっとすると浮気をしているのかもしれません。

サービス内容

「嘘だと思うなら調べてみろ!」「夫婦なのに信じられないの?」 「証拠はあるのか!」
これが浮気問題の三大名文句です。

悩み苦しみを解決するのはただ1つだけです。
話し合いも、認めさせるのも、裁判でも、すべて「真実・証拠・相手はどこの誰なのか」がわかる報告書があればちゃんと解決できます。

弊社では、相手の生活ぶりや行動などを徹底的に調べ、浮気・不倫の決定的な証拠を押さえます。

浮気の証拠について

toppayimg

相手に浮気の事実があった場合、まず証拠がなければ相手は認めようとしません。

示談交渉の場合でも、交渉相手(浮気をした夫または妻、浮気相手)に浮気の事実を認めさせるためには、肉体関係があった確実な証拠が必要となります。
また、浮気の証拠は裁判の場合でも、証拠がなければ、裁判官は正当な請求か否かの判断が出来ません。

ご相談の段階で「通話履歴」や「メールでのやり取り」が証拠として十分だと思われている方が多いと思いますが、「通話履歴」、「メールでのやり取り」だけでは不十分で、無いよりはましという程度になってしまうです。